--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-11

第三十話「休日17幸とあずさ1」

気を失ったままのあずさをベットに寝かした幸。
「あずさって、自分がモテル事も知らないんだな。」
幸はあずさに聞かせるように話し始めた。

「入学式の日、いきなりあずさの話が他の男子から出てきて驚いたよ。体型が男子にとって高評価を受けてしまったみたいで・・・。」
「まあ、元から高等部に進学する事が決まっていた俺や空には入学式と言うものは必要なかったが、顔合わせと言う意味があるから、居たんだ。」

「・・・私、気を失ってた?」
「ああ。」
「でも、途中で元に戻った。寝たふりをした。」
幸は自分の話をあずさは聞いていたんだと思った。

「幸は私のどこが好き?」
「・・・全部。猫になってた時は風呂場でよくあずさの裸を見て倒れたもんだな。」
「よく風呂場で溺れかけてたのは、私の裸が原因だったんだ・・・。」
「あずさは・・・?」
「わ、私!?空は可愛い系でタイプかなと思ったけど、ちょっと違ってた。幸は常に予想外な事をしてくれたりするから、・・・。」
あずさは再び頬が真っ赤に染まり、黙り込んでしまった。

「・・・まあ、俺だって予想外な事がしたくてしてるわけではなくて、あずさが好きだから自然に予想外な事をしてしまうんだ。」
「・・・私が好きだから?」
「ああ、あずさの裸なんかあまり他の男子に見られたくないし、見たくないんだ。あずさの裸を今のおれが見て、俺自身があずさに対して何をするか分からねえからな・・・。」
「え、でも猫になってた時は溺れかけただけですよね?」
「確かに猫になってた時はある程度平気だったが、今と猫の時では感情の高ぶりようが違うからな・・・。思いがずっと俺の心の中に積って来てるし・・・。」
幸は俺の気持ちを抑えたいんだと深呼吸。

「空の言ってた似た者同士だって言う意味は何ですか?」
「さあな。空だから俺達がどれほど似ているか分かるだろうけど、当の本人である俺達にはさっぱり分からない。」
あずさは空って私や幸の事はよく知ってるものねと再確認した。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2拍手ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
23760位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6190位
アクセスランキングを見る>>

ツイッター

カンパニオン

WebMoney ぷちカンパ

アル

あるサイトへのリンクバナー

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

拍手

web拍手
プロフィール

erimu

Author:erimu
なぜか一人で活動するのが好き。
趣味はブログの更新、ゲームをプレイする事、小説を書く事、考える事。
ゲーム内で一人で行動していたり、リリと言う文字が先行した名前を使っていたりしたキャラクターを見つけたら、言葉をかけて下さい。(チャットで)
そんな私です。
2010/11/24追記
最近はルーセントハート女子部に入ったり、自作ゲームを作ったりしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
絵 (6)
ブロとも一覧
ブロとも一覧
紹介
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グーバーウォーク
解析投票
blogram投票ボタン
サイトマスターへの道
検索フォーム
バナー
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2チャット
FC2ブックマーク
サボ
解析です。
keiziban
You need to upgrade your Flash Player.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。